バリアフリーリーダー会議

昨年も行きました!

一年に一度あるバリアフリーリーダー会議!今年も札幌へ一人旅です!

市電

今年も2日間ありました。1日目は、会議 バリアフリー報告や情報交換会が行われました

報告としては、札幌市の路面電車にバリアフリー車両を導入したとのこと。

ノンステップになり、車いす席や優先席も!

今まで自分は、札幌の市電は見たことがあっても、乗った事は無く、

翌日視察ということで、初めて乗車してきました。

車両はバリアフリーになり、現在1両しか運行していませんが、この後2両増えるというお話です。

初めて乗りましたが、道路の中央にある駅はバリアフリー化されておらず、今後順番にバリアフリー化されるようです!

駅

駅

車両とホームとの隙間もほとんどなくなり、スロープをちょろっと設置するだけで乗れる

乗りやすい車両に設計されておりますが、まだホームが狭くスロープ設置するスペースや

車いすがターンするスペースもないです。

今後が楽しみですww

すすきの駅は、他の駅よりは広く、そして段差もないので乗りやすいですよ~

車内

車内はどちらかと言えば、「地下鉄」ですねw

固定フックもありますが、つけなくてもOK!また、付けるとしても

座席横についている紐を車いすにちょっとひっかけるだけw

肩掛け鞄に紐をひっかけるような感覚ですw

現在は、西4丁目~すすきの駅までとして運行しておりますが、

近々「ループ化」するようです。ず~っと乗って寝てる人が現れるのではないでしょうか?笑

車両もオシャレな色で「ポラリス」という愛称がつけられたようです!

誰もが乗りやすくなるので、ぜひ札幌に行った方は乗ってみてはいかがでしょうか?

そして、国土交通省から「バリアフリー化推進功労者 大臣表彰式」で受賞された

24時間歩行者専用化の実施とあわせた商店街のバリアフリー化ということで、

狸小路が表彰されました

こちらも視察させていただきました

狸小路

狸小路・・・・何年ぶりかな。。。

表彰された理由としては、商店街に来る方達、

障がいの有無に関係なく、誰もが安心して楽しめるよう、商店街の方達がたくさん話合い、

様々なルールを作りましたw

以前は、車もOKでしたが、お店の搬入車だけ(通行書)が必要

つまり、24時間歩行者優先になりました。

狸小路出入り口付近には停車ができない。

真ん中に点字ブロックがありますが、点字ブロック周辺に絶対に物を置かない!

置かないよう、点字ブロック周辺のタイルの色を変更し、その中に物を置く事はできないようなルールになります。

お店に運搬にきたトラックも同様!この色が違うタイルの上に侵入してはいけません。

そして、商店街へは段差もありましたが、できるだけスロープ設置などで配慮がされていました。

あとは・・・・トイレだけかな?と思います。トイレの場所がわからないということだけですね笑

相当簡単に説明してしまいましたが、地域の人たち、商店街の人たちが一緒になってルールを作り、

それを実践。

商店街を盛り上げて行こう!という考えで行われています。

雨が降っても雪が降っても、狸小路には屋根があるので少し安心ですよね。

逃げ場所にもつながると思います!!!!

とてもいいです!

さて、今年のigarashiの一人旅は・・・・

12日会議終了後、別の打合せがあったので駅まで地下鉄で戻り、

駅でふらふらしてました(バリアフリーチェック)笑

トイレのボタンは最新だし、車いす・ベビーカー優先EVは大変助かるし、

トイレのボタン

ベビーカーや車いすユーザー多いし、

何十人も車いすの方とすれ違いましたが、みんなひとりで行動してたし。

やっぱり交通が便利だから、こうやって外で遊べるし、仕事や買い物もできるんだなぁ~と実感。

なぜか、わかりませんが、

すれ違うたびに、目が合い、挨拶されるという・・・・

車いすユーザーに新たなルールができた??

知らないのは自分だけ?笑

Filed under: 活動報告 — igarashi 4:18 PM  Comments (1)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

1件のコメント »
  1. igarashiさん、お疲れさまでした。

    北海道って、バリアフリー活動が盛ん
    なんですか?

    東京よりも進んでる感じがします。

    Comment by maki — 2014年3月17日 12:55 PM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031