【あるある?話】車いすユーザー編

igarashiの体験談

子どもの頃や、家族にサポートしてもらい行きたい場所へ移動していました。

このブログでもigarashiが免許をとったことが、「どこか」に記載されていますが、

自分で運転し、日々仕事や活動、生活の主の移動手段として使っています。

>ここ最近の出来事

家族が病院に行くことがあり、付き添いとして「運転」&「院内へ同行」をしました。

親は身体的に今のところ問題はなく、スタスタ歩けるので、付き添いということもあり

後ろから車いすでついていく。

病院関係者と話をしながら、説明を聞く。という任務でしたが、

他の看護師さんや、周りから見たら、車いすの自分は付き添いではなく

付き添いは親なのではないだろうか。と、第3者目線を考えて思いついた笑

よく考えると、どこ行ってもそうだったかもしれない笑

車いすユーザーが親を乗せて、どこかに連れていく。という人は多くなってきていると思いますが、

おそらく、それを知らない方達は、車いすユーザーは車に乗せてきてもらう。介助してもらっている。

という基本的考えから、

家族や知人のサポートをしている→車いすユーザー ではなく

車いすユーザーのサポートをしている→家族や知人

ということも考えられる。

ちょっとどうでもいい話でしたが、車いすや障がい当事者との

かわりが少ない人が

この光景をみたら、どう感じているのだろうか。とちょっとした疑問

以上

 

Filed under: 活動報告,私たちについて — igarashi 12:07 PM  Comments (0)
コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930