「障害者差別解消法道民フォーラムWithOnline」

写真はありません・・・が、久しぶりに札幌に行ってきました。

明日はクリスマス・・・ということもあり、人手が多い。

大雪の影響から、道路もガタガタ。タクシーは台数不足。

ということで、札幌駅のタクシー乗り場で、30分~1時間は

タクシー待ちしたかな?

皆さん寒い中、長蛇の列。。。札幌の厳しさを肌で感じました笑

さて、今回行った目的としては、

障害者差別解消法道民フォーラムWithOnline で

障害者差別解消法について、当事者が感じることをお話する。ということで

出演させていただきました。

 

私のほかにも、車いすで生活する札幌のMさんや、

障害者雇用の関係でお話くださる方、そして大学教授の座長と

この話題について座談させていただきました。

 

「座談会」

これ結構苦手で、質問の内容とその答えを伝えるのが難しい笑

伝えたい事がやまほどある中、どううまく言ったら伝えられるか笑

 

この中でお話したのは

差別解消法の法律ができたときの気持ち

合理的配慮か・・・・

など、私達は当事者でありながら、社会では差別が多いのか。。。という現状を

受け止めたこの法律。

障がいがあるから差別される。って普通悲しさ満載ですよね。

 

先天性の障がいがある仲間もたくさん一緒に活動していますが、

生まれたときから障がいだから、不便なことが普通なのです。

健康な人から見ると、不思議な考えかもしれませんが、

私達にとったら、出来ない事が当たり前。

 

そして、

出来る可能性があるのであれば

挑戦したみたい。

と思います。

 

正直、これって、

障がいの有無に関係なく、誰もが思うこと。

——————————————————————-

例題1(高齢のご家族がいる方)

90代の元気なお母さん・お父さんが

アクティビティーに挑戦したいと言い出しました!

そのアクティビティーに挑戦することに対して

制限はあるものの医者としてはOKくれている。

★ご家族のあなたはどうしますか?

———————————————————————

例題2(子どもがいるご家族)

自分の子どもはまだ小学低学年

身体に障がいがあり車いすを使用している。

テレビで見た有名な飲食店の〇〇が食べたい~と言ってました。

★親のあなたはどうしますか?

———————————————————————

というように、無限に例題は出せますが、

今、上記で出した例題2つは、どちらも

あたなも当事者になります。

「やりたい」「行きたい」と家族が言えば

「よ~し連れていくぞ!」となりませんか?

 

でも、連れていった先では、

90歳は無理ですね。

車いすだから無理ですね。

 

なんて断られたらどうです?

あなたがそのお店などのオーナーならどうしますか?

 

というように、

「他人だけど、自分の家族であれば」

「自分であれば」

で、ものごとを考えることで

誰にもやさしくできるかもしれませんよね。

 

 

ただ、親切に対応してあげたいけど、

当事者からクレームがあった。

などの例もあると思います。

 

だからこそ、お金を払う

お客さん側(私達)も

「当たり前」ではなく

「ありがとう」という気持ちで

お出かけしなければいけません。

 

「自分が自分が」となると問題が発生します。

 

誰もがやさしく、暮らしやすい街にしたい。

お互い譲り合う気持ち、助け合う気持ちは

障がい当事者だけではなく、

障がいがない人も暮らしやすくなるんですよね。

 

 

 

 

Filed under: 活動報告 — gurentai 9:45 PM  Comments (0)
コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930