北海道マラソン迫る!

miyakawa&盲導犬シルクである。
お盆が過ぎると、北海道は、どんなに暑くても、秋風が吹き始め、夏に終わりを告げる。
今年も例外ではなく、今朝の気温は、15℃であった。この調子だと、月末の北海道マ
ラソンの頃は、最高気温も、25℃ぐらいではないかと、淡い期待を寄せる。

何故かというと、そう、私が、61歳にして、初フルマラソンに挑戦するのである。

話は遡るが、2002年8月15日に、私は煙草をやめた。

理由は、会社を辞め、函館にある鍼灸マッサージの学校に行き、国家試験に合格する為である。

即ち、働かざる者、吸うべからずである。
あれから20年、1度も、煙草をくわえる事もなく、禁煙は続き現在に至る。
禁煙を始めると同時に、私は走り始めた。函館の学校に行っても、走り続けた。

その年の秋、函館ハーフマラソンという大会があることを知り、エントリーをした。
その頃は、まだ弱視だったので、1人で出場しようとしたら、学校から、危険だか
ら、伴走者と走らなければ、出場を許可しないと言われたのである。伴走者が

見つからず困っていると、同級生の知人がマラソンをしていると分かり、

出場することが出来るようになった。

そして大会当日、待ち合わせ時間になっても伴走者が来ない。10分が経過し、15分が
経とうとした頃、伴走者が来た。ゴメンゴメン、昨日急に38℃の熱が出ちゃって
さー、病院に行って、点滴を打ってきたよと言うのである。

一抹の不安を抱えてスタートした。千代台陸上競技場を出るのに3分はロスをした。
出てからも1キロはダンゴ状態。初参加の私は、イライラが募るばかり。
それでも2キロ過ぎからは、バラけてきて、本来の走りになり、先行ランナーを次々
と牛蒡ぬき。段々ペースも上がり、5キロ、6キロ地点に差し掛かった時、伴走者の足
が重くなった。どうした?ヤバい。また熱が出てきた。 ふらふらする。わかりまし
た。無理しないで、1人でも走れますからと私。

1人で走ろうとしたその時、俺が一緒に走ってあげるよと、話を聞いていた見知らぬ
ランナーが現れたのである。 その人は 函館市内の高校教師であった

お願いしますとリードを渡し、にわか伴走者とレースを続行したのである。
その後は、アクシデントもなくゴールできるかと思ったが、10キロが過ぎたころから
ペースダウン。気付けば私が、伴走者の先生を引っ張って走っているではないか。

先生、どうしましたか?と私。ヤバイわ。でも折り返し地点に嫁はんと生徒達が

応援に来ているから、もう少し、ええカッコさせてや、と先生。

結局、私は残りの10キロを1人で走り、ゴールの競技場が見えて来た時、最初の伴走
者が復活して待っていたので、ラストのトラック1周を2人で、猛ダッシュで

駆け抜けゴールした。

結果は、1時間34分台で、最初のレースとしては、上出来の結果であった。翌週に
は、旭川マラソンに飛び入り参加して、ハーフの部1時間33分台でゴール。
後10年若かったら、本気でパラリンを目指せると勝手に思っていた。

その後、フルを走るならホノルルマラソンと決めていたが、離婚や、アキレス腱断裂
などなど、がありコロナ禍も重なって、フルへの情熱も薄らいでいたところ、ひょん
な事から、今年3月に再婚したので、新たな挑戦にトライしようと決心。そして、私
をサポートしてくれる、チームmiyakawaと、たくさんの方々の応援で、北海道マラソ
ンのスタートラインに立つのである。

スタートまで10日を切って、まだ、ゴールへの確信は持てないが、体の中からアドレ
ナリンが徐々に湧き上がってきているのを感じている今日この頃なのだ。

Filed under: 活動報告 — gurentai 2:50 PM  Comments (0)
コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31