UDタクシー乗車勉強会

皆さんタクシーへの乗り込みはどのようにされていますか?

●車いすのまま利用したい

→どんなタクシーなら利用できますか?

●車いすから移乗して利用したい

→その場合、車いすは運転手に積んでもらいますか?

ここ最近では、タクシーも様々な車種がありますよね。

コンフォートやプリウスなど

その中で、障がい当事者(車いすユーザー)が乗れるタクシーはなんでしょうか?

 

答えとしては、

その方の障がい程度や車いすの仕様によって、

すべての方が乗車可能です。

 

ただ、その「乗れる」「乗れない」を判断する人は誰でしょう!?

と聞かれたら、自分のことは 自分にしかわかりませんよね。。。。

 

ということで、本日の開催は、

自分が乗れるタクシーはどれだ。ということで、

協同組合旭川ハイヤー協会に協力いただき、

「ジャパンタクシー」と「UDタクシー」の乗車勉強を行っています。

ジャパンタクシーは、車いすが乗車できるようセッティングも可能ですが、

セッティングするまでの時間がかかることや、乗れない車いすもあるようです。

自分は乗れるかな?どう乗るのかな?と勉強を行いました

ジャパンタクシーは乗り降りのため、スロープ設置を運転手さんに行ってもらいますが、

やや設置に時間がかかります。

しかし、運転手さんは車いすを乗せるため、時間がかかっても設置を行ってくれています。

健常者と同じようにスムーズに乗れることが一番だと思いますが、

車いすユーザーも乗るまでに少しの我慢をしなければいけないのも現実です。

その点、UDタクシーは、車いすでの乗車は用意ですが、

予約が必要になります。運転手不足や車両が少ないこともあり、

乗りたい時間に乗ることができないかもしれません。

今回の体験では、「乗れる」「乗れるようになってきた」ということが

一番だと思います。一昔前までは、車いすが乗れる車いすは限られており、

移動が大変だったと思います。

高齢化が進んでいることや、オリパラ開催の影響もあり

1歩1歩、身体が不自由な方が利用しやすい。利用できるものも増えていると思います。

こういう体験を機に、気づきや広まりを大事に進んでいくと思います

利用者も事業者も「一緒に」取り組むことが大切ですw

Filed under: 活動報告 — igarashi 1:38 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031