下田昇兵さんと札幌STVへ

下田昇兵さんの目標の一つであった札幌へ

UDレシピ本や児童書発売にともない

たくさん取材くださり追いかけてくれたSTVさんですが、

スタジオには1度も伺ったことがなく、

ディレクターさんやカメラマンさんに配慮いただき実現しました。

現地では北海道でおなじみの宮永キャスターがお出迎えしてくれました

めったにできる体験ではありません

大変貴重な体験をかみしめながら、スタジオを案内くださいました。

下田昇兵とゆかいな仲間達で伺いましたが

愉快な仲間達が大興奮

また・・・いつか下田さんが出演できるときが来たら

ぜひスタジオにお邪魔したいですよねw

案内いただいた後は、

札幌の仲間、キメイさんに札幌案内いただきました。

北大の広い敷地内を散歩し、博物館へお邪魔

北大生になった気分を味わいながら・・・・

下田さんはUDレシピを考案する一方、

たくさんの支援者にサポートされ、自宅での一人暮らしを

送っています。

こうして支援者も友人として同行し、一緒に楽しんでいます。

下田さん以上に楽しんでいます。笑

 

■札幌のキメイさんから下田への宿題。

すすきのまで、地下鉄で来てください

私たちは、遠くから見守り、下田さんと相方二人で

地下鉄へ

そうこの二人!

地下鉄へは乗ったことがないのかもしれない・・・・

初挑戦なのかっ!

と思うほど、遠くから見てて面白いのです笑

無事に地下鉄ですすきのへ着の下田さん

駅員さんにも声かけてもらったようですが、

二人は遠慮しなのか、断ったようです。

地下鉄とホームの段差を気合で乗り降り、

相方の額には若干の汗が・・・・・

そう、

キメイさんからの教えはここにありました

下田への指導をするキメイさん

>甘えるだけではなく、自分で考えることも大切

>自分で考えて自分で解決することがすべてではなく、

>誰かに頼ってお礼を言うことも忘れないように。

 

まさにです。

車いすユーザーも1、市民として暮らしている中、

知っている人や支援者(ヘルパー)に

やってもらうことが当たり前ではありません。

 

■自分でできることは自分でやること。

■誰かに頼ること。

■感謝すること。

 

忘れてはいけません

初心に戻った1日でした。

 

また下田さんにとっては忘れられない

人生の1ページとなりました

↓下田さんとゆかいな仲間達

ゆかいな仲間達がはしゃいでいます。

 

 

 

 

 

Filed under: 活動報告 — igarashi 1:20 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30